3Dプレゼンテーションソフトウェア -Presente3D- 

  ”Presete3D” 画期的な

       3Dプレゼンツール!

マイクロソフト PowerPoint(2007/2010/2013用)にアドインソフト”Presente3D”をインストールするだけで、2Dプレゼンテーションを3D立体プレゼンテーションに変換できます。            


Presente3Dをインストールすると、ご使用のマイクロソフトPowerPointのリボンバーに、下記のような「Presnte3D」のリボンが作成されます。 


 

■Presente3Dビデオ(英語)


■3Dの知識は不要               PowerPointを使用することで、オブジェクトを選択し、立体感を設定するだけで3D知識の少ない方でも3Dコンテンツが簡単に作成できます。
■すべての3DTVと3Dプロジェクターをサポート
市販されている各種3DTV(シャッター方式、偏向方式、裸眼方式など)、3Dモニター、3Dプロジェクターが使用でき、トップアンドボトム、サイドバイサイド、フレームシーケンシャル、及びアナグリフ方式では3D対応のハードウェア無しで3Dコンテンツを作成し表示できます。



■マイクロソフト PowerPointでステレオイメージをサポート
Presente3Dは、説得力のあるスライドが作成できるように、3D PowerPointのプレゼンテーションにステレオ画像(L/R)のインポートが直正可能です。

■動作環境
オペレーティングシステム:

Windows XP(32bit),Vista(32bit) or 7 (32bit or 64bit)
 
ソフトウェアの要件:

Microsoft PowerPoint2007 SP3 (32bit or 64bit)
Microsoft PowerPoint2010 (32bit or 64bit)
Microsoft PowerPoint20013 (32bit or 64bit)
 
推奨ハードウェア:

CPU Intel Core™2 Duoor AMD Athlon™ X2 CPU or
2GB以上のシステムメモリ
512MB以上のメモリを搭載したビデオカード
 
注:フレームシーケンシャルモード(Quadbuffer)でPresente3D実行するためには、NVIDIAQuadroGarphicカードを持っている必要があります。


■3D表示対応モード
シングル、サイドバイサイド(Half),トップアンドボトム(Half)、フレームシーケンシャル(120Hz)、アナグリフ(赤青)、Dimenco(裸眼)、インターリーブ、Tridelity(裸眼)

Presente3Dは、通常の紺ピューt-あで動作するように開発されており、3DTVや3D対応プロジェクターにサイドバイサイド、トップアンドボトムの3D表示するために特別なハードウェアは、必要ありません。
サイドバイサイト、トップアンドボトム3Dをサポートしていない3D DLPプロジェクターなどを使用する場合は、フレームシーケンシャルでシャッターメガネを使用します、その際はNvidia社のQuadroグラフィックカードなどを搭載したPCが必要です。 3Dディスプレイがない場合でも、アナグリフ表示によりアナグリフメガネ(赤青)で3D立体視ができます。

■価格: 一般向け          1ライセンス オープン価格
      学校向け(アカデミック)   1ライセンス  オープン価格
           ※ライセンスご購入の場合は、個別にご連絡ください。御見積をご呈示させていただきます。

Presente3D(試用版)は、こちらの申込みフォームよりお申し込みください。
お申し込みいただきましたらメールでダウンロードサイトをご案内いたします。
Presente3D(試用版)は、機能制限がありますが、正式ライセンスのご購入後ライセンスのアクティベーションを行うことで機能制限が解除されご使用いただけます。

■カタログ Presente3D_catalog.pdf

開発元:Presente3D LLC/Toms River,NJ,USA


お問合せは、こちら
プレ千テーションを