HoverCam FlexWeb

HoverCam FlexWeb(クラウド対応のFlex)

HoverCam FlexWebは、Windows,MacなどのPCのWebブラウザーやWebOSであるChromBookなどから専用のWebサイトにてクラウドベースでHoverCamFlexを使用できます。クラウドストレージとしては2GBまで提供されています。 

FlexWebを使えば、どこでもWebブラウザーを使いHoverCamの機能を活用することができ、データの共有にも便利です。

使用は無償で、専用のWebサイト http://hovercamflex.com/ にアクセスしてユーザー登録をすれば、誰でもHoverCamを使用してFlexの環境が使えます。

■FlexWebのサイト

■FlexWebのサインイン画面

FlexWebとArchive画面の選択ができます。 FlexWebを使用するときは、HoverCamがPCにUSBで接続されていないと動作しません。 Archiveでは、HoverCamが接続されていない場合でもアクセスができ、すでにクラウド上に登録したデータが参照できます。

■FlexWebのメイン画面

画面の下には、セッティング、左右の画面回転、ズーム、フル画面表示、キャプチャー、注釈機能があります。 注釈をクリックすると画面の右側に注釈のツールバーが表示されます。

■セッティングメニュー

セッティングをクリックすると、画面の左側にセッティングメニューが表示されます。

カメラの選択、解像度選択、明るさ、彩度、コントラスト、傾きの調整ができます。

■キャプチャー

キャプチャーをクリックすると、表示画面がキャプチャーでき、画面の右側にキャプチャーのサムネイルが自動表示されます。 Aechiveへのボタンも表示されます。

■Archive画面

Archive画面には、すでにArchiveされたデータを参照することができます。 参照したいデータを選択し、表示することができます。

■Archiveデータ画面

Archiveデータ画面では、画面の上のメニューで、データの共有、フルスクリーン表示、データのダウンロード。PDFデータ作成の機能が使用できます。 下面右下では画面のズームやカーソル移動ができます。


お問合せは、こちら