クリニック向け活用提案

クリニック様の課題


院内での情報の共有とペーパーレス化を推進したいが、運用上、各部門でバインダー等で情報
を保存・管理しており、情報の共有とペーパーレス化は進んでいない。

 患者カルテ、健診、各必要書類(各種検査結果所見、健診契約、料金表、コース内容、保険関連資料
  etc.)があり、紙ベースでのバインダー管理・保管をせざるを得ない。
 カルテなどを見たい場合は、資料の保管場所まで移動して閲覧・返却する必要があり非常に手間。
 ペーパーレス化・情報共有化の為に、慣れた運用は極力変えたくない。
 院内のスペースが狭いため、大量のバインダーなど保管する置き場所がない。




対処方法

弊社の「電子バインダーシステム」を導入頂くことにより、従来の紙フォルダ管理の運用イメージそのままに、院内のカルテ、文書、資料を電子バインダー管理・閲覧がPC画面上で可能となり、ペーパーレス化と情報の共有化を実現します。

電子バインダーシステムとは?





電子バインダーシステムの特徴

電子バインダーシステムは、電子書庫、電子キャビネット、電子バインダーを簡単に作成することが可能
 【1書庫(7冊x6段x80キャビネット)x20=67,200バインダ<最大格納量> 】1バインダ=500枚(1000ページ)
電子バインダーへの保存は、紙文書はスキャナー経由で簡単にページ登録することができ、Excel、Word、
 PDF、PPTファイルデータはドラッグ&ドロップするだけで、自動的にバインダー形式のページ登録とそ  の原資ファイルも電子バインダーに保存します。よって修正・加筆等の編集も可能。)
PC画面上で、閲覧したい電子バインダを検索しクリックするとバインダを開いてページを捲ったりできます ので、必要な文書は書庫やキャビネットまで行かずにPC画面で見ることができる。
従来のバインダ、キャビネットなどが不要となり、事務所のスペース効率が向上します。




電子バインダーシステムの概略機能について





電子バインダーシステム構成例



※貴社の規模、要求仕様をお聞きしてお見積もりをさせて頂きます。
お問合せは、こちら